助成金申請、労務トラブルのサポートは東大阪市の藤井社会保険労務士事務所へ

介護・派遣事業サポート

介護事業者指定申請をサポート

介護事業者指定申請をサポート

介護事業を始めるには、介護事業者の指定を受ける必要があります。
従業員の雇用や設備・備品の確保等、事業の経験はお持ちでも、指定申請についての経験はお持ちでない方がほとんどです。
施設系(介護老人保険施設や介護老人福祉施設)、居宅系(訪問介護や通所介護)ともに、介護事業を始める事が出来るのは、指定申請等を受けてからとなります。
指定申請をご自身でこなすには、何度も役所へ足を運び、必要書類を確認し、膨大な量の書類を作成する必要があり、開業前準備の隙間を縫って申請を行うのは至難の業です。
大切な開業前準備のお時間をしっかり確保するため、指定申請を社労士がサポートいたします。

介護事業立ち上げの流れ
事業計画を立てる まずは開業時のイメージを明確にするため、しっかりとしたスケジュールを整える必要があります。開業する地域ではどのような事業展開が成されているか等のマーケティング調査、設備、人員の確保、事業所の選定等、どのような準備が必要であるかを把握しておかなければなりません。
法人の成立 介護事業の立ち上げには法人の設立が必要となります。
介護報酬を請求するためには「指定事業所」となる事が条件であり、この指定は原則法人しか受ける事ができません。法人格には、株式会社、合同会社、NPO法人、社会福祉法人等があります。
指定(認可)基準の確認 法人格を取得した上で指定を受けるにも各基準を満たす必要があります。
基準には、人員に関する基準、設備に関する基準、運営に関する基準があり、利用定員や職員、食堂やトイレ、勤務体制等に細かく定められた基準をクリアしなければなりません。
指定申請 事務所ごと、サービスごとに異なる書類を各都道府県に届け出ます。
重要事項説明書、契約書等作成 サービス提供に関して利用者様と契約を結ぶ際には、重要事項説明書、契約書ともに必要な書類となります。
特に重要事項説明書については、法改正等により記載内容をその都度変更する必要があり、更新を怠った古い情報のままでは、説明責任をしていないという指摘を受けるケースもあります。
就業規則(マニュアル)の作成 労務上の事故やトラブルを未然に防ぐための、就業規則を作成します。
保険の手続き 労働保険や社会保険、労災・雇用保険の加入手続きを行います。
事業開始
※助成金申請 介護事業に合った最新の助成金を申請し、運営資金に充てることができます。

当事務所の介護事業サポート

介護サービス事業には、多岐にわたる種類があります。地域ごとのニーズや今後の将来性、近隣の介護サービスの方針等、幅広い分野に気を配る必要があります。当事務所では指定申請の代行、また指定後の変更届、更新申請まで、事業者様に密着したスタイルで細かいご相談にも柔軟に対応し、介護事業をサポートいたします。

どのようなお悩みでも、まずはお気軽にお問合せください。

詳細はこちら

PAGE TOPへ