助成金申請、労務トラブルのサポートは東大阪市の藤井社会保険労務士事務所へ

労働者派遣事業サポート他

労働者派遣事業とは

労働者派遣事業とは

労働者派遣事業とは、派遣元事業主が自己の雇用する労働者を、派遣先の指揮命令を受けてこの派遣先のために労働に従事させることを業として行うことをいいます。
平成27年の労働者派遣法改正により、それまでの「一般労働者派遣事業=許可制」と「特定労働者派遣事業=届出制」の区別がなくなり、全て許可制となりました。

職業紹介事業とは

職業紹介事業とは

職業紹介事業とは、求人及び求職の申し込みを受け、求人者と求職者の間における雇用関係の成立をあっせんすること」を業として行うことをいいます。労働者を自社で雇用し、派遣先となる企業に派遣する労働者派遣事業とは異なります。

労働者派遣事業(職業紹介事業)開業の流れ
事業計画を立てる 開業時のイメージを明確にするために、まずは事業計画を立てます。事業の特色の把握、現状分析、事務所や人員の確保、準備する書類や必要な手続き等、今後どのような流れで進行していくかを事前にしっかり把握しておきます。
資産要件の確認 労働者派遣事業、職業紹介事業の許可を受けるためには、直近の決算で資産要件を満たしている必要があります。決算書の貸借対照表から要件を確認していきます。
※労働者派遣事業と職業紹介事業では、資産要件が異なりますので詳細はお尋ね下さい。
その他許可要件の確認 派遣元責任者(労働者派遣事業)、職業紹介責任者(職業紹介事業)の確保、個人情報の管理規程、事業所の面積等々許可を受けるためには、様々な要件あります。
届出 許可申請代行ご依頼から、1か月を目途に都道府県労働局に届出をします。その後、労働局による実地調査があります。
許可 登録免許税、許可手数料を納付し、届出完了から2~3か月後に許可証が交付され、事業開始となります。

アウトソーシングのメリット

許可を受けるためには労働者派遣法、職業安定法で定める基準を満たしている必要があり、準備する書類や手続きは膨大で複雑。事業主様の開業準備をよりスムーズに、何度も役所へ足を運ぶ事の無いよう、許可申請を社労士がサポートいたします。
また、許可後も、毎年必要な報告書の提出や、変更届など必要な届出、法改正への対応等、事業主様をしっかりとサポートさせていただきます。

どのようなお悩みでも、まずはお気軽にお問合せください。

詳細はこちら

PAGE TOPへ